ありがとう!愛してるよ!







1ヶ月まえの7月6日。



シェリの同胎兄ちゃんのピース、虹の橋を渡りました。



c0075585_03315812.jpg





ピースは、いっつも笑顔で、
持ち前の天然キャラで
みんなに愛されワンコだってことは知っていたけど、
想像を遥かに超えた愛とPeace(平和)を
私たちの心に沢山たくさん刻んでってくれました。





ピース♥ありがとう!
c0075585_03310949.jpg




ピースを、お友達を
苦しめて奪ってった
 IMHA「自己免疫型介在性溶血性貧血」
が憎いです。







*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*




昨年、選考会の応援と
ピースファミリー&関西コイケルズのみんなに会いに
単身滋賀県へ押し寄せ、ピース御殿でお泊りさせてもらいました。
その時は、
こんなに元気いっぱい。

c0075585_03292296.jpg
「シェリのおばちゃん♪ いらっしゃいませ」







c0075585_03314450.jpg
ヒメおねえちゃんと♡
「げんきだった? 会いたかったよぉ💛」





*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*






当時お住まいの近くの河川敷ではじけたね
c0075585_03323622.jpg
                   わーい♪(*´▽`*)





c0075585_03330046.jpg
                      ばびゅーん!!









ママ~~~~~!!!
c0075585_03330964.jpg

こんなに、こんなに可愛くって
こんなに元気いっぱいだったの。







★★★★★



6月のある日、オーナーさんのKちゃんから電話。
ピースの様子がおかしい・・心配と。
発熱と脱力で元気がない様子
 夜遅かったのでかかりつけ医さんに
連絡いれさせてもらい翌早朝病院へ。




それからひと月。
検査、精密検査、輸血、手術と頑張り続けたね。
どんなにか しんどかっただろう時でも
ただただママを見つめていたね。
ママの事が心配で心配で喜ばせようと頑張ってくれたんだよね、
ありがとう。
ワンコってワンコの愛情って素晴らしいって
教えてもらいました。

IMHA・・・寛解は不可能ではありません。
寛解できた仔たちの事も知ってたし、
ましてや
ピースは「慢性」という言葉が病名についていた。
「慢性」というより「急性でない」ってこと?
なら、絶対いけるね!と。




c0075585_04175145.jpg

天真爛漫、本当に沢山沢山の方々から
愛され可愛がられていたピース♡
あなたが残してってくれたものは多々あるけれど、
おそらく一番は、愛するママとおねぇちゃんが
笑顔で幸せでいてくれるようにと
大切な人々とのつながりを残してってくれたんだよね!
ありがとう!

シェリのおばちゃんも、力不足かもしれないけど
ピースがくれた素敵な沢山のつながりを
大切に見守っていけたらいいなぁと思ってます!




ピース! これからもずっとずっと
おねぇちゃんをママを、ママの回りの皆さんを
見守ってってちょうだいね!

ありがとう!またいつか会おうね!






*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*







2011年夏。兄弟会にて
c0075585_03312856.jpg








2015年5月。琵琶ドック宿泊

c0075585_03335659.jpg









c0075585_03322187.jpg







10歳、中堅どころのワンコちゃんたちが
順番またずにエル達老犬兄姉ちゃん達より先に
逝ってしまいました。

獣医学が進み、ワンコの寿命が延びてるとは言え、
こうして病気と闘っているワンコ達も少なくは無いです。


1頭でも多くのワンコ達ニャンコ達が
病気と闘っている命が助かってくれますようにと
祈ります。




by eruhime | 2017-08-06 04:54 | 母兄妹 | Comments(0)
お花見~🌸 >>